起業の雰囲気がひしひし来る本『会社のつくり方 成毛流「起業心得」』

会社のつくり方

会社のつくり方

日経文庫から出版されているこの本は、約200ページほどでとても読みやすい。

内容は起業の心得。起業前の準備段階、どんな事を考えて、どうやって今の会社を辞めるかから、起業して1年目、そしてその後まで、どうやったらうまく行くのかをご自身の体験をもとに綴っている。とてもリアリティーがある本だ。

元マイクロソフト社長の成毛さんの本は「本は同時に10冊読め!」に続いて2冊目だ。

前回は完全にインスパイアーされて、それ以来つねに同時に数冊の本を読むようになった。

これがまた素晴らしい。

以前は1冊の本を集中して読む派だったのだが、試してみると、同時に数冊読んでいるほうが頭に入ってくる。

そんな中でまたこの本に出会った。

やはり説得力がある。起業する前に会社のたたみ方を考えておくや、先にニュースリリースを計画する等、非常にリアルに感じた。

けして事業計画書の細かい書き方や、書類のそろえ方等がずらずら書いてあるHOWTO本ではない。

起業しようと志している人に良きアドバイスとなる、そんなイメージの本だ。

関連記事

MBAビジネスプラン

ビジネスは芸術だ『ランディ・コミサー』

広告

Wataru について

システム開発を職業とし、日々情報産業の未来を考える。 世界がインターネットによりボーダレスになって行き、より早い情報の伝達が可能となり、次の世代で何ができるのか。 それを見つけるために、古き良き情報伝達ツール『本』を読む。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中