まるで宝探し「コアコンピタンス経営」

コア・コンピタンス経営—未来への競争戦略

コア・コンピタンス経営—未来への競争戦略

自分の会社の経営陣は未来がどう変わりそうなのか、あるいはどう変わる可能性を秘めているのか、全員一致して明確な考え方を持っているだろうか。

効率と生産性のみの追求は、利害より被害なのだ。
勝ち残る為には、業界そのものをリエンジニアリングしなければならない。

コアコンピタンスとは、自社ならではの中核企業力。顧客に利益をもたらす一連のスキルや技術の事である。例えばフェデラル・エクスプレスなら定時配送、ハイレベルな物流管理等がそれにあたる。

このコアコンピタンスを常に意識して、現在のコアコンピタンスと未来のコアコンピタンスを考えていかなければならない。

経営とは、いわば次ぎなるコアコンピタンスを探す宝探し。未来に一番乗り出来なかった企業は、一番乗りした企業に依存せざるを得ないのだ。

そして未来に一番乗りするには、独創的な想像力が必要だ。今までの業界には無い考え方。新しい業界の概念を作り出さなければならない。

新しい事を始めるには資本が必要になる。そこで経営資源を最大限にレバレッジする方法を考えなければならない。常にハングリーでなければならない。

そして又、ものすごい努力も必要になる。社員の努力を喚起するのは、並外れた目標だ。未来を見据え、我々が業界を変える、業界を引っ張っていくという明確な目標と、その目標を達成する為の計画が並外れた努力を生むのだ。

自分の会社は未来が見えているだろうか?

関連記事

コトラーの戦略的マーケティング

MBAビジネスプラン

広告

Wataru について

システム開発を職業とし、日々情報産業の未来を考える。 世界がインターネットによりボーダレスになって行き、より早い情報の伝達が可能となり、次の世代で何ができるのか。 それを見つけるために、古き良き情報伝達ツール『本』を読む。
カテゴリー: ビジネス, 経営, パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中