A.H.マズロー:完全なる経営

完全なる経営

完全なる経営

ドラッカーよりも現実的で、そして科学的。

経営学というのはこんなにも心理学的なのかと思わされた一冊。

マズローは自己実現という言葉で有名な心理学者だ。良い人間が良い社会を作り、良い社会が良い人間を作る。良い人間とは何か?良い社会とは何かを、経営的観点から突き詰めた本である。

一つ確かな事は、非常に読みにくい。思いついた事をポンポンと書いていったイメージである。ある章に至っては、箇条書き。。。

しかし、中身は深い。

無益な仕事は、立派にやり遂げる価値がない。

夢追い人の集団を目指そう。

新規性や変化を楽しめる人間である事。

物事はホーリスティック(全体論的に)捉えなければならない。


自己実現とは楽しい事とは限らない。自分がなしうる最大限の事をして、全面的に自分らしくなる事である。

さて、明日も自己実現に向かって頑張ろう。

関連記事

自分を経営するために『経営者の条件』

『フロー体験』が人生を豊かにするらしい

広告

Wataru について

システム開発を職業とし、日々情報産業の未来を考える。 世界がインターネットによりボーダレスになって行き、より早い情報の伝達が可能となり、次の世代で何ができるのか。 それを見つけるために、古き良き情報伝達ツール『本』を読む。
カテゴリー: ドラッカー, ビジネス, 自己啓発, パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中