自分を経営するために『経営者の条件』

現代社会では、組織の中で決定を下し、仕事を遂行する権限と責任を組織に所属する個々人に要求される。

手を使う労働は、何をすべきかを判断する能力が必要とされた。
しかし知識労働者の場合は、何をいかなる方法でなせばよいかを知る能力が必要だとピーター・ドラッカーは語る。

本書は、全ての知識労働者はある意味では経営者であるとし、いかにして効果的な経営者になるのかをわかりやすく書いたすばらしい本である。

効果的になる事、つまり結果を出すことは、天性の才能ではない。
それは努力によって身にるける習慣であり、習得しうる技法であるとしている。
その一つ目として時間に関して書かれている。

経営者とは、常に他人の時間のなかにいる。得意先の電話に出たり、配下の人々に振り回されたりと、組織の中にいる。
しかし、時間はつねに供給不足の状態にある。
そこで時間を記録・分析し以下の三点を行うべきだと述べている。
①必要ない仕事をやめる。
②他人にできることはしない。
③自分の仕事で無駄は何かを他人に聞く
これらによって浮かび上がってくる、無駄な会議・人員過剰の仕事・効率化できる仕事などを分析し、徹底的に無駄な時間をなくすべきだとしている。

次に、効果的な経営者は『貢献』に目を向けるべきだとしている。
多くの人は、自身の努力そのものに心を奪われている。しかし、効果的な経営者は自分の属している組織の業績や成果を向上させるために、どのように貢献できるかを考える。
専門家であれば、だれが産物を活用し、活用する人間はなにを知り、何を理解しなければならないかを、十分に反省しなければならない。

貢献に焦点をあわせることにより、よい人間関係を築けることになる。
また、それは自己啓発を行うような刺激を与える。
よって組織全体がすばらしい成長を遂げうるとしている。

強みを知り、それを生かすことの重要性も説いている。

完全な人間は存在しない。レオナルド・ダビンチも、その多方面への興味にもかかわらず、デザインの分野のみで業績を残した。
部下であろうと、上長であろうと、誰にでも弱みはある。
組織において重要なのは強みである。ここでもまた、彼が何に貢献できるかを中心に考えるべきだと語る。

ドラッカーは、仕事の上で効果を高めるための秘密を一つだけ教えてくれる。
それは努力を集中することだと。

モーツァルト以外、同時に複数の曲を作曲できた作曲家はいない。
1つの事に努力を集中させることは重要である。
しかし、日常には多くの成し遂げなければならない事柄がある。
それをいかにして1つに集中するか。
まず大事なのが、昨日からの脱皮。
つまり今行っている仕事に対して「この仕事は現在でもなお成す価値があるだろうか」と問うてみる。
無条件に「YES」と出てこない場合はその仕事をやめるべきである。
そして仕事に優先順位を決める。
しかし、優先順位を守ることは困難である。
そして後回しにするということは断念するに等しい。
優先順位を決めるのは分析ではなく勇気である。そのためには目標は高く持たなければならない。

そして最終的に必要なのとして意思決定が挙げられている。

意思決定をする場合、まず問題の法則・原則を分析する必要がある。法律の多い国は、無能な法律家の多い国であるという例を挙げてそのことを解説している。
そしてその決定に対する目標を明確にし、決定には実行に移すための具体的な措置を盛り込む。
最後にその決定を検証するためのフィードバックを組み込む。そのフィードバックの中心には、自分の目で見て確認するを置くべきだとしている。

時間、強み、貢献、集中、意思決定

これらは非常に当たり前のことではある。しかしさまざまな事例や仕事に対する洞察に溢れた本書を読むことにより、改めてその大切さに気づかされる。

結局、成果をあげることとは、”教科”ではなく、自己鍛錬である

社会に出たら1度は読むべき本だろう。
ただ仕事をこなす自分ではなく、貢献する自分を目指して。

広告

Wataru について

システム開発を職業とし、日々情報産業の未来を考える。 世界がインターネットによりボーダレスになって行き、より早い情報の伝達が可能となり、次の世代で何ができるのか。 それを見つけるために、古き良き情報伝達ツール『本』を読む。
カテゴリー: ドラッカー, ビジネス, パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中